著作権について

logo_m01a.gif               il_copyright_01.jpg



ti_m09.jpg

(1)著作権について

 イーサイトヘルスケア株式会社(以下「イーサイト」といいます。)にご提供いただく医療用画像は「著作物」には該当せず、著作権は発生しません。

 著作権法によると、「著作物」とは、「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう」と定義されており(第2条第1項第1号)、創作的な表現であること(=創作性)が著作物の要件となっています。著作権法は、文化の発に寄与することを目的としており(第1条)、単に表現の製作過程で投下した労力を保護すではありませんから、創作性が著作物の要として要求されています。

 創作的な表現であるとは、表現者の個性が創作行為に現れていることをいいます。したがって、表現の選択に幅がなく表現者の創作行為に個性が発揮されないような場合には、創作性が否定されます。(中山信弘『著作権法』(有斐閣、2007)52頁参照)。

 ご提供いただく医療用画像は、診療という目的のため撮影されたものであって、かかる目的照らすと、表現の選択に幅があったとはいえません。もちろん、撮影者によって撮影されるは異なりますが、これは撮影者の技能の程度によって結果的に生じた巧拙であって、撮影者の性の発揮としての創作性とは異なります(仮に医療画像に著作権が生じるとすると、医師が医療用画像を撮影する際には、他人の著作権を侵害しないよう配慮して撮影しなければないと識な結論に至ってしまいます)。

 以上のとおり、医療用画像は創作性を欠き、著作権は発生しません。


なお、医療用画像が論文等で使用されていることもありますが、この場合も、(論文について作権が発生することはありますが)医療用画像自体に創作性が付与されるわけではありませんら、画像には著作権は生じません。画像の提供に際して、文の執筆者から了解を得る必要りません。